貧乳改善劇的ビフォーアフター

MENU

貧乳は損?得?

貧乳改善
女性が成長すると気になる部分の一つが、バストのサイズです。

 

そのバストのサイズが、大人に近づく年齢になっても平均的な女性のバスト平均よりも小さい場合には美容面でコンプレックスに感じやすい傾向が見られます。

 

バストが小さい女性のことを一般的に貧乳という表現をします。

 

貧乳の定義については、はっきりとした基準について設けられているというわけではありません。

 

ただ、バストの成長のメカニズムとしては最初に膨らむより前の状態のバストが、初経と呼ばれる女性特有の二次性徴の前後の期間約4年間でだんだんと膨らんでいって大人のバストへと近づいていきます。

 

女性らしい特徴を最も備えているのが胸の膨らみということになります。

 

また、実はバストは大人になっても妊娠中から出産直後にかけての期間において膨らみます。

 

こうした過程において、あまり膨らまないままの状態になってしまうことで貧乳と呼ばれる状態になります。

 

とはいえ、貧乳が損か得かという観点で見た場合必ずしも損と言い切れない部分もあります。

 

いわゆる巨乳などの呼称で呼ばれるバストが大きな人の場合、胸のあたりに重みを感じてしまうことによって思うように運動することができないなどのデメリットを感じるという人も多いです。

 

それから、バストが大きいことで外から見てよく目立つこともデメリットに感じる人もいます。そのことにより男性からの視線が気になる人も多くみられます。

 

バストが大きいことでメリットもありますが、外部から見られやすいという点からデメリットに感じたりコンプレックスに感じる人も少なからず見られます。

 

ただ、スタイルが良いというメリットを生かしてタレントやグラビアアイドルなどの仕事をする人もいます。

 

医学的にみた場合にはバストが大きな人よりも小さな人のほうが乳がんなどの病気にかかりにくいというデータもあります。

 

ですので、貧乳と呼ばれるバストサイズであるからといって必ずしも損とは言い切れないという面はあります。それでも、近年においてはスタイルの良い女性が増えていることから、バストが大きな人にあこがれを持つ女性は少なからずいることも事実といえます。

 

ただ、異性によっては貧乳の体型のほうが好きという人も少なからずいます。ですので、恋愛においてはそこまで自分の体型を気にすることはないでしょう。

貧乳改善のための7つの行動

それでは貧乳改善のためにはどのような行動をとっていけばよいのかについてですが、これは実は正しいケアをすることによって育つ可能性は充分にあります。

 

ケアのための行動については体型にもよりますが7つほどあります。

 

まず、自分のバストサイズが基本的にAカップ以上ある人については、バストアップについては意外と簡単にできるとされています。

 

その状態の場合は、貧乳といっても胸の膨らみについてはなだらかながらあります。

 

その状態からよりメリハリのある身体にすることについては難しいわけではありません。

 

バストマッサージ

バストアップのためにとる行動の近道としては、まずはじめに「バストマッサージ」が大事となります。それと同時に「ブラジャーの見直し」についても併用して行うようにすると良いでしょう。

 

バストのマッサージの方法についてはいくつかありますが、共通しているのはバストを理想としている位置に戻すということは共通しています。

 

実はバストには正しい理想の位置が存在しており、鎖骨と両方の胸の先端がきちんと正三角形のトライアングルを結んでいるのが理想の形となっています。逆に、それが崩れている場合においては1から2カップ分ほどバストのサイズが損しているという傾向があります。ですので、正しいマッサージを行ってバストのトライアングルを整えれば、バストサイズも上がるというわけです。

 

胸がまったくない状態の場合は、たいていの場合乳腺が未発達な状態です。ですので、リンパマッサージなどで刺激して女性ホルモンの分泌を促進させます。

 

ブラの見直し

2つ目に、ブラジャーの見直しを行う必要性があります。統計データによると日本人の女性のうち実におよそ8割の人が自分の身体に合ったブラジャーをしていないデータがあります。知らず知らずのうちにブラジャーを装着したらブラジャーがバスト締め付けてその結果胸を小さくしていることも珍しくありません。

 

ブラジャーにパッドを付けることでバストを盛っている人もいますが、実はそのことがバストを小さくさせる要素の一つになってしまっています。パッドをつけている人は外しておいたほうが良いでしょう。

 

ブラジャーを装着する時のポイントとしては、必ず事前に試着をしておきます。そしてブラジャーをつけたときバージスラインと呼ばれるラインについては注目しておきます。

 

バージスラインよりも、ブラジャーのワイヤーの曲線の方が小さい場合にはバストをつぶして窮屈にしてしまいますので、バージスラインよりもブラジャーのワイヤーが大きなものを選びます。

 

専門家が監修しているDVDを見て勉強する

3つ目の貧乳改善のための行動としては、専用のバストアップのためのDVDを参考にしながら実践します。この方法は今の体型よりも3カップ以上上げたいときにおすすめの方法です。

 

例えば「HurryUP!!」と呼ばれる任期のDVD教材は、バストを支える土台となる胸筋の部分を鍛えつつ血流やリンパの流れをよくする事により、女性ホルモンの分泌を促進させ胸の膨らみをより立体的にできる様々な運動方法やツボ押しなどの方法がぎっしりと収録されています。

 

バストアップに良い食事をする

4つ目の行動としては、食事面です。バストアップに良い食材についてはたくさんあります。例えば豆乳などに含まれるイソフラボンは女性ホルモンの分泌を助ける成分として広く知られています。ただ、これらはただ食事をすればバストアップにつながるわけではありません。

 

バストを成長させるには、そのための環境そのものを整えることで初めて成長します。ですので、ほかの方法と食事とを組み合わせることにより効果を発揮することができるということを意識したほうが良いでしょう。

 

体を温める

5つ目の貧乳改善のための行動としては、もしも冷え性で悩みがちの場合には温めておく必要があるという点です。とくに慢性的な冷え性に悩まされている場合、血流やリンパの流れが滞りがちになります。そうなると、脳がストレスを感じることによって女性ホルモンを分泌させる指令がうまく出せなくなってしまいます。

 

バストアップに欠かすことができない要素としては、女性ホルモンの分泌にあります。ですので、冷え症になっている場合は改善するように心がけておいたほうが良いでしょう。

 

情報収集屋にならない

6つ目の貧乳改善のための行動としては、簡単だと謳うバストアップ法については飛びつかないほうが無難といえます。
豊胸手術をして大きく見せるという人もいますが、一時的に大きくすることについては可能ですが金額がかかります。

 

胸にシリコンプロテーゼなどを入れる場合には、確かにバストを大きくすることについてはできます。ですが、身体に負担をかけてしまいやすく失敗のリスクもあります。ですので、こうした行動については禁止とまではいえませんがよく考えて受けておきましょう。

 

一時的に貧乳の状態から解放されても、不自然なバストに見えた場合かえって精神的に傷つくことがあるためです。貧乳改善のためには、まずバストアップの環境づくりから考えたほうが良いでしょう。

 

それから論理的には一度太った後ダイエットしてバストだけ膨らませるという方法もありますが、これも体脂肪率20%以上の場合はその必要はありません。

実はバストアップサプリメントが一番おすすめ

そして貧乳改善のための最後の行動として、バストアップサプリメントの使用が挙げられます。実はバストアップサプリメントの使用は最も手軽にバストを膨らませるのに適しています。

 

現在では、貧乳改善のためのサプリメントも多く販売されています。これを上手に取り入れることによって、きれいにしながらバストのサイズも上げられるという仕組みです。
味についても摂取しやすいように配慮された商品もたくさんあり、おやつ感覚で利用できる貧乳改善のサプリメントも販売されています。

 

副作用について気にする人も少なからずいますが、最近のバストアップサプリメントではそうした副作用が起きないようにできるだけ配慮して開発を行っていますのでそうした心配についてはほとんどないといっていいでしょう。ただ、摂取量については守っておくようにします。

 

こうしたバストアップサプリメントは、通販限定の商品となっています。価格については、そこまで安いというわけではありません。ただ、豊胸のための手術を行うよりはずっと安上がりで済ませることができます。ですので、少しでもバストサイズを膨らませて健康的な身体を手に入れるのであればバストアップサプリメントも一つの手段といえるでしょう。

 

ただ、この方法もこれ単独の方法だけではなくほかの行動と組み合わせて摂取することがより効果的にバストを膨らませるための近道といえます。
これらのポイントをしっかりと覚えておいて、バストアップのために色々と取り組んでみると貧乳の状態からスタイルの良い身体に近づけることができます。

 

インスタやツイッターでもよく紹介されていて口コミで大人気のサプリはこちら